池袋の多汗症手術クリニック一覧

池袋の多汗症手術クリニック一覧

品川美容外科
池袋院

湘南美容外科クリニック 渋谷美容外科クリニック
池袋院 池袋院

汗の分泌量が人より多いことを「多汗症」といいます。ワキの下から汗が流れたり、服が黄ばみやすかったり、靴下がいつも湿っていたり、物を持っているだけで汗をかいたりなど、多汗症の人はいつも汗で悩んでいる状態です。

特にワキの下はいつも閉じている状態なので汗をかきやすくなります。多汗症の人の中にはわきがで悩む人も多く、そういった場合には汗に加えてにおいでも悩むことになります。
多汗症だからといって必ずわきがになるというわけでなく、また、わきがだからといって多汗症であるわけでもありません。
人の汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類があり、これらの汗腺の量のバランスで症状が変わってきます。
エクリン汗腺は全身にあり、暑い時や運動した時に体温調節のために汗を出す汗腺です。エクリン汗腺から出る汗はさらりとしていてにおいはありません。エクリン汗腺の数が多ければ汗の量も多くなり、多汗症につながります。
一方アポクリン汗腺はワキや耳の穴などにある汗腺ですが、脂肪やアンモニアなどを含んだ粘り気のある汗を出す汗腺です。においや黄ばみのもとになるのはこのアポクリン汗腺から出る汗で、多汗症であってもアポクリン汗腺の量が多くない場合ではにおいはあまり気になりません。逆に、エクリン汗腺の量は多くなくておアポクリン汗腺が多い場合は、汗の量自体は増えませんが匂いに悩まされることになります。
多汗症もわきがも汗腺を取る手術をすることで症状を改善することができます。多汗症・わきがの手術では原因となる部分の皮膚を切除することでエクリン汗腺とアポクリン汗腺を取り除くので、両方の症状に悩んでいる場合でも同時に治療することが可能です。
症状は人によって違いますし、わきがの場合だとにおいの強さも自分では判断しにくいところだと思います。多汗症・わきが治療を行っているところは池袋などにも見つかりますので、専門医に判断してもらい、自分に合った方法で手術を受けるようにしましょう。